10万キロがクルマの寿命?

日本では10万キロ走ると車はもう寿命だと言われていますが、実際にそうなのかというとそのようなことはありません。
特に日本の車というのは世界の中でも信頼性が非常に高いものだけに、10万キロ程度ではまだまだ問題なく走行を続けることができるのです。
確かに少し前までは10万キロを境に故障などが多くなり寿命だといえる時期もありましたが、最近のものではまだまだこれからというぐらいの距離なのです。

 

しかし、これはあくまでも乗り物として考えた場合の寿命であり、状態の良い車であふれている日本の現状で考えた場合、商品としての寿命はきているとも言えるのです。
10万キロを超えてもまだまだ十分に走ることはできますが、それでも消耗部品を交換しなければならない時期になってしまいます。
これらのものを交換すればいくらでも走ることができるのですが、工賃も安いものではないだけにわざわざ10万キロも乗った車を修理するぐらいなら、状態の良い中古車を買ったほうが良いという人が多いため、このぐらいの距離を目安に寿命と言われているのです。